“いそじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
五十路88.9%
五十歳11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
欄干てすりにあらわれたるは五十路いそじに近き満丸顔の、打見にも元気よき老人なり。
書記官 (新字新仮名) / 川上眉山(著)
「聞けば、劉玄徳とやらは、年も五十路いそじというではないか。なんでまだ世の憂き風も知らぬあのむすめを、他国のそんな所へ、しかも後添えになどやれましょうぞ」
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
春色梅暦しゅんしょくうめごよみ』に藤兵衛の母親に関して「さも上品なるそのいでたち」という形容があるが、この母親は既に後家になっているのみならず「としのころ、五十歳いそじあまりの尼御前あまごぜ」である。
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)