“二雫”の読み方と例文
読み方割合
ふたしずく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
答のない口元が結んだまましゃくんで、見るうちにまた二雫落ちた。宗近君は親譲の背広隠袋から、くちゃくちゃの手巾をするりと出した。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
万歳がとまると共に胸のに名状しがたい波動が込み上げて来て、両眼から二雫ばかり涙が落ちた。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
すると帽子のへ雨が二雫ほど落ちたような気がするので、彼はまた仰向いて黒い空を眺めた。よりほかに何も眼をぎらない頭の上は、彼の立っている電車通と違って非常に静であった。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)