“乱破”の読み方と例文
読み方割合
らっぱ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
乱破とか出抜とかと呼ばれていた山武士野武士の類は、百姓のような見せかけをしているが、保元以来、つぎつぎに滅亡した源平藤橘の血脈をひく武辺のまがいで、夢想家が多く
うすゆき抄 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
乱破に化けて、敵へも味方へも節操を売りなどしたため、平和になると、武家からも民衆からも追われてしまい、素質の悪いのは、山野に封じこめられて追剥稼ぎに落ち、性骨のある者は
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
関東一の乱破の大将、風摩小太郎が紀州貝塚の一揆に信長の手につき、カマリ(大掠奪)で蘆屋道益の血族を焼き殺し、その風摩小太郎が、道益の子の道長に箱根の木賀の湯で討たれるあたりが
うすゆき抄 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)