“不磨”の読み方と例文
読み方割合
ふま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二千年前の立法者の定めた所のものを不磨の経典として少しも疑うこと無く、これに違える新来の思想をばことごとく異端視するが如くんば
婦人問題解決の急務 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
不磨の大典」と称し、天皇のほかには、憲法の改正をおこない得ないことを、旧憲法が定めたのは、そのためである。
決心のを固む 寓居への帰路、馬上よりかの空を眺めますと、世界第一のゴーリサンガの高雪峰の巍然として雲際え千古不磨の姿を現わして居るのをて大いに感じたです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)