“上府”の読み方と例文
読み方割合
じょうふ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中国の総督、羽柴筑前守秀吉、安土へ上府す——と公然にえて、彼は、その任地播州姫路からものものしくも出向いて来た。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
江戸墨屋敷にいた当時から、そなたに生涯の恋をけている男というのは、近い日のうちに、すばらしい出世のを握って上府することになっている。
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「されば、名残の宴でもある。藩祖が阿波の国を賜うて以来、上府帰国の船中では、太守を初め水夫楫主、一滴の酒をねぶることもゆるさぬ家憲でござりますゆえ」
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)