“上帯”の読み方と例文
読み方割合
うわおび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あざ笑いながら、張飛は、丈八の矛も用いず、片手をのばして、厳顔の上帯をつかみよせてしまった。そして
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
足の高い大男が通りすがりに、じろりと見て、いきなりをつけて、ずばりと買って、らしちゃならぬと腰づけに、きりりと、上帯を結び添えて、雨の中をすたすたと行方知れずよ。
国貞えがく (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と四郎二郎は感謝しながら、手早く上帯をひきしめた。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)