“三隈”の読み方と例文
読み方割合
みくま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは今、建造中の巡洋艦『最上』『三隈』『吉野』『千種』の四隻に関する秘密だ。
昭和遊撃隊 (新字新仮名) / 平田晋策(著)
幾条の流れが何処からり、如何に合さり、何処へ行くのか、地図のみが知っている。玖珠川、大山川、三隈川、花月川、そうして筑後川、それらの凡てを一身にぐのが水郷日田である。
日田の皿山 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
乗手は有名な金岡大尉と三隈一等航空兵曹とでありました。
怪塔王 (新字新仮名) / 海野十三(著)