“三様”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さんよう50.0%
みとほり50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「造り花なら蘭麝でもき込めばなるまい」これは女の申し分だ。三人が三様の解釈をしたが、三様共すこぶる解しにくい。
一夜 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
私共商買の者は善くさう申しますが、女の惚れるには、見惚に、気惚に、底惚と、かう三様有つて、見惚と云ふと、と見たところで惚込んで了ふので、これは十五六の赤襟盛に在る事で
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)