“今様四季三番叟”の読み方と例文
読み方割合
いまようしきさんばそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの興行は序幕が「今様四季三番叟」通称「さらし三番叟」というもので、岩井半四郎が二の宮の役で勤めますのと、一番目には、(いせみやげ)川崎踊拍子、二番目狂言には
京鹿子娘道成寺 (新字新仮名) / 酒井嘉七(著)