“三又”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みつまた66.7%
さんまた33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“三又”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 神道 > 神社・神職50.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
——で、その八寸玉が初めて出来た時、将軍家の船遊覧をかねて真田侯が戸狩の煙火師を連れて中洲の三又みつまたで打揚げたことがある。
銀河まつり (新字新仮名) / 吉川英治(著)
日高郡三又みつまた大字は、紀伊国で三つの極寒村の第一たり。
神社合祀に関する意見 (新字新仮名) / 南方熊楠(著)
八五郎が言つたやうに、其處は西側のよく踏み固めた中庭で、ろくな植込みも燈籠とうろうもなく、下女のお民が、陽を追つて干物ほしものを持ち廻るらしく、三又さんまたと物干竿ざをとが轉がり、物干の柱が突つ立つて居るだけの殺風景さです。