“三俵”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さんびょう50.0%
さんだら50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だれも人のついていない馬が、ひとりであるいてきて、小作のお米を三俵もはこび込んできたというので、長者屋敷の人たちはびっくりしました。
たにしの出世 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
この子はなにしろ水神さまのおだから、きっとかわったことができるのかもしれないとおもって、そういわれるままに、たにしの子を、三俵米俵と米俵とのあいだに
たにしの出世 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
ナニ三俵ポツチでもつて摺小木でもしてきませう。「可笑しいな、にでもされたやうで。金「ナニやアしませぬ。「ぢやア何分むよ。金「へいしうがす。「お何所だい。 ...
黄金餅 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)