“万華鏡”のいろいろな読み方と例文
旧字:萬華鏡
読み方割合
まんげきょう66.7%
ばんかきょう16.7%
ひやくめがね8.3%
カレードスコープ8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その白牡丹のような白紗の鰭には更に、薄青等の色斑があり、更に墨色古金色等の斑点も交って万華鏡のような絢爛
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
そこには、ゴチャゴチャと無数の肉塊いていた。人肉の万華鏡みたいなものが、眼界一杯に、あやしくも美しく開いていたのだ。
恐怖王 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
けれども一八二三年という年には、特にいちじるしく市民階級の間に流行してきた二つの物があった。すなわち万華鏡木目模様のブリキのランプとである。