“一分銀”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いちぶぎん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“一分銀”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 彫刻 > 彫刻史 各国の彫刻1.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一年余の間無益な往反をして、貞固の盤纏はんてんわずか一分銀いちぶぎん一つをあましていたのである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
すると、坊様は、折角、幸吉が丹念に拵えたものをただで貰うは気の毒、これを彼児あれへお小遣いにやって下さいと一分銀いちぶぎんを包んで師匠へ渡しました。