“一分時間”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いっぷんじかん50.0%
いつぷんじかん50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“一分時間”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)50.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この飯場頭と一分時間いっぷんじかんに談判を結了した長蔵さんは、
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
しかしながら、どんな地震ぢしんでも其最そのもつとおそるべき主要動しゆようどうは、最初さいしよ一分時間いつぷんじかんおいをさまつてしまふのである。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)