“一分時”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いっぷんじ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“一分時”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
敬太郎はどこの何物とも知れない男女なんにょあつまったり散ったりするために、自分の前で無作法に演じ出す一分時いっぷんじの争を何度となく見た。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
枕辺に坐って目礼をする一分時いっぷんじさえ許されなかった。
三山居士 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)