“ネクタイ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
襟飾95.8%
結襟4.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何の為に酔狂にも驢馬なんか連れて、南仏蘭西の山の中をうろつかねばならぬか? 何の為に、良家の息子が、よれよれの襟飾をつけ
光と風と夢 (新字新仮名) / 中島敦(著)
先生の白襯衣を着た所は滅多に見る事が出来なかった。大抵は色のフラネルに風呂敷の切れのような襟飾を結んでましておられた。
ふと手をすと更紗結襟白襟真中まで浮き出して結目は横にれている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)