“ネクタイ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
襟飾95.7%
結襟4.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、法水に固唾かたずを呑ませたものは、この装置ではなく、安手の襟飾ネクタイを継ぎ合せて貼ってある、台の底だった。
聖アレキセイ寺院の惨劇 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
その前に、シムソンは逃げる時、襟飾ネクタイを落して逃げましたが、ストレーカは何か考えがあってそれを拾っておきました。
宗近君は日本をえらくするとも、しないとも云わなかった。ふと手をのばすと更紗さらさ結襟ネクタイ白襟カラ真中まんなかまで浮き出して結目むすびめは横にねじれている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)