“ネクタイ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
襟飾95.8%
結襟4.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同時にまた縞の背広に地味な襟飾ネクタイをした彼の服装も、世紀末せいきまつの芸術家の名前を列挙するのが、不思議なほど、素朴に出来上っていた。
路上 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
私は一わたり部屋を見渡した後で、引手のついている化粧台の抽出しを立続けて開けると、襟飾ネクタイの入っている箱の中に一葉の写真を見付けた。
日蔭の街 (新字新仮名) / 松本泰(著)
貴郎あなた、そんな身装みなりをしてお隣家となりへ往つてらしたんですか。襟飾ネクタイもつけないで、何てまあ礼儀を知らない方なんでせう。」
あろう事か、あっと頬げたをおさえて退すさる、道学者の襟飾ネクタイへ、はすっかいに肩を突懸つっかけて、横押にぐいと押して、
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
自分が椅子を離れると同時に、先生はあの血色の悪い丸顔を、あのうすよごれた折襟を、あの紫の襟飾ネクタイを、一度にこちらへふり向けた。
毛利先生 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
宗近君は日本をえらくするとも、しないとも云わなかった。ふと手をのばすと更紗さらさ結襟ネクタイ白襟カラ真中まんなかまで浮き出して結目むすびめは横にねじれている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)