“トーン”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
調子66.7%
色調33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さうしなければ自分の着物といふ気がしない筈だがね。色や柄が自分自身の調子トーンにしつくり合ふ点から言つてもそれがあたりまへだもの。」
桑の実 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
と、その孔雀の笑ひ声と、同じやうに、恰も音楽は孔雀の指導によつて奏されてゐるかのやうに、その調子トーンを低く落してコロコロと鳴り渡りました。
嘆きの孔雀 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
そして、その生活の色調トーンなるものは、その時代の「言葉」に対する鋭敏な感性によつて捉へられるものです。
現代劇のない日本 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
同じやうに傑れた才能を有つた劇作家が、同じコンディションの人物を描いて、之に同じ対話をさせても、作者の異つた霊感が、独自の文体を生ましめる。それが作品の色調トーンを決定する。
劇作家としてのルナアル (新字旧仮名) / 岸田国士(著)