“もはや”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
最早99.1%
0.5%
既早0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
むろん此等の人達は、すでに地上とはきれいに絶縁してい、彼等の墓石の上に、哀悼の涙をぐものなどは、最早の一人もない。
乃至は慢気の萌してから何の詰らぬ者と人の絵図をも易く思ふか、取らぬとあるに強はせじ、余りといへば人情なき奴
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
老僧が云ふべき事は是ぎりぢやによつて左様心得て帰るがよいぞ、さあ確と云ひ渡したぞ、既早帰つてもよい、然し今日は老僧も閑暇で退屈なれば茶話しの相手になつて少時居てくれ
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)