“ぽこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
50.0%
50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
塩煎餅しおせんべいといっしょに召し上がりますと雁の味が致しますと例のごとく茶羅ちゃらぽこを云うから、大きな口をあいて、うーとうなっておどかしてやったら
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
李杜りと王孟おうもうの如き詩人を、蕪村時代の日本に生れて俳句を作らしめたりとも、彼らが蕪村よりはるかに立ちまさりたる技倆ありとも信じがたく、蕪村をして盛唐に生れしめなば、一ぽこ詩人にて終りたらんとも信じがたく候。
人々に答ふ (新字旧仮名) / 正岡子規(著)