“べんとう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
弁当76.9%
糧食15.4%
裏糧7.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
弁当べんとうは、波止場はとばででも食べなさいよ。そうだ、釣竿つりざおもってって波止場で釣りしたっておもしろいよ。
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
ぼくたちは弁当べんとうっていなかったのではらぺこになって、むらに二時頃じごろかえってた。
ごんごろ鐘 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
しょうはぼんやりした眼で、その横雲の方を見ながら、糧食べんとうの残りの餅をっていた。
狼の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
元振は腰に付けていた糧食べんとうの鹿の脯を出した。
殺神記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
陳は自分がそこへ来たわけを知らして、そのうえ飢えていることを話した。馭卒は裏糧べんとうを解いて食物を分けてくれて、そして注意した。
西湖主 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)