“ひずみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
57.1%
襞襀28.6%
間隙14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
生活に打ち込まれた一本のくさびがどんなところにまでひずみを及ぼして行っているか、彼はそれに行き当るたびに、内面的に汚れている自分をってゆくのだった。
ある心の風景 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
もっともこの断層の生成、これに伴なう沈下や滑動かつどうの起こった時代は、おそらく非常に古い地質時代に属するもので、その時のひずみが現在まで残っていようとは信ぜられない。
怪異考 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
此所を推せば其所に襞襀ひずみが出る、彼点あすこを立てれば此点こゝに無理があると、まあ我の智慧分別ありたけ尽して我の為ばかりはかるでは無く云ふたことを
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
十兵衛が何もかも捨てて辞退するものをはすに取って逆意地さかいじたてれば大間違い、とは思ってもあまり汝のわからな過ぎるが腹立たしく、四方八方どこからどこまで考えて、ここを推せばそこに襞襀ひずみが出る、あすこを立てればここに無理があると
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
我他彼此がたびしするのが薄々分るので、弥以いよいよもってたまらず、無い用をこしらえて、この時二階を降りてお勢の部屋の前を通りかけたが、ふと耳を聳て、抜足をして障子の間隙ひずみから内をのぞいてはッと顔※お勢が伏臥うつぶしになッて泣……い……て……
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)