“なんぴと”の漢字の書き方と例文
語句割合
何人100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
からて、何人か、ここにしみがあるとうだろうか。むろんここには近所までった飢餓もなければ貧困もなかったのでした。
子供は悲しみを知らず (新字新仮名) / 小川未明(著)
だがあなたがたは何人といえども嗅煙草とダイヤモンドとぜんまいと蝋燭との関係をよう見破らんとのみ云われるがわしはその関係を
けだし、「散文で詩を書く」ことの不自然なのは、「韻文で小説を書く」ことの不自然なのと同じく、何人にも明白な事實に屬する。
青猫 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)