“なめら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
98.1%
外滑0.9%
0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そんなことを寝たまま考えて居るうちに、いつか下の方でも起き出した気配で、かな優しい此の土地特有の女達の言葉が聞えて来た。
雨の宿 (新字新仮名) / 岩本素白(著)
然し、思ひの外滑かなの運びと、引き續いてゐたみんなのみの念が、そのを探る餘裕を與へなかつた。
猫又先生 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
殊に乳房は授乳したことがないので、殆ど衰萎の状はなく、極めて豊かで、かである。乳嘴も色を変じていない。
澪標 (新字新仮名) / 外村繁(著)