“外滑”の読み方と例文
読み方割合
なめら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
然し、思ひの外滑かなの運びと、引き續いてゐたみんなのみの念が、そのを探る餘裕を與へなかつた。
猫又先生 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)