“とまどい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
戸惑42.9%
途惑28.6%
戸迷28.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なれども、僧都が身は、こうした墨染の暗夜こそけれ、なまじ緋の法衣などおうなら、ずぶ提灯じゃ、戸惑をしたじゃなどと申そう。も石も利く事ではない。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
酒買い狸が途惑をしたように、燈籠をぶら下げて立っているんだ。
縷紅新草 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
公等の他をあつかう事、坊ばの茶碗と箸をあつかうがごとくんば、公等の口へ飛び込む米粒は極めて僅少のものである。必然の勢をもって飛び込むにあらず、戸迷をして飛び込むのである。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)