“じなんばう”の漢字の書き方と例文
語句割合
次男坊100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
草鞋穿いてをついて、次男坊生命かりまするやうに、ねえ/\、といふてつた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
風流自喜偶歩、とふので、一六釜日でえす、とそゝりる。懷中には唐詩選持參見當世間では、あれは次男坊と、してざかつて、御次男とさへふくらゐ。
麦搗 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)