“しんふじん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
新人50.0%
新夫人50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
話は纏まったが、南はを贈ってしたが、早く結婚する必要があるので、媒婆をせきたてて日を選まし、その日になると習慣に従って新人を迎えに往った。
竇氏 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
て、木下さんの柏木の、矢張へて、水掻附元を(絹絲)……とふので想像すると——御容色よしの新夫人のお手傳ひがあつたらしい。
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)