“しんたにまち”の漢字の書き方と例文
語句割合
新谷町100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
がへりの殿がた一すみて朝寢箒目青海波をゑがき、打水よきほどにみし表町りを見渡せば、るはるは、萬年町山伏町新谷町あたりをにして
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
打水よきほどに済みし表町の通りを見渡せば、来るは来るは、万年町山伏町新谷町あたりをにして、一能一術これも芸人の名はのがれぬ、よかよかや軽業師、人形つかひ大神楽
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)