“しんざかした”の漢字の書き方と例文
語句割合
新坂下100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
實家は上野の新坂下、駿河臺への路なれば茂れる森の木の下暗佗しけれど、今宵は月もさやかなり、廣小路へ出づれば晝も同樣、雇ひつけの車宿とて無き家なれば路ゆく車を窓から呼んで
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
實家上野新坂下駿河臺へのなればれるのした暗侘しけれど、今宵もさやかなり、廣小路れば同樣ひつけの車宿とてなればゆくからんで
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)