“しんうん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
縉雲50.0%
進運50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宋の乾道七年、縉雲陳由義が父をたずねるためによりへ行った。その途中、州を過ぎた時に、土人からこんな話を聞かされた。
朕祖宗遺列万世一系帝位カ親愛スル所ノ臣民チ朕カ祖宗ノ恵撫慈養シタマヒシ所ノ臣民ナルヲ康福ヲ増進シ其ノ懿徳良能ヲ発達セシメムコトヲ願ヒ又其ノ翼賛ニ国家ノ進運扶持セムコトヲ望ミチ明治十四年十月十二日ノ詔命履践大憲ヲ制定シ朕カ率由スル所ヲ
大日本帝国憲法 (旧字旧仮名) / 日本国(著)