“しろおに”の漢字の書き方と例文
語句割合
白鬼100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白鬼とは名をつけし、無間地獄のそこはかとなく景色づくり、何処にからくりのあるとも見えねど、逆さ落しの血の池、借金の針の山に追ひのぼすも手の物ときくに
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
白鬼とはをつけし、無間地獄のそこはかとなく景色づくり、何處にからくりのあるともえねど、しの借金ひのぼすもときくに
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)