“しりからげ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
尻褰50.0%
後褰50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一人は黒の中折帽の目深引下し、鼠色の毛糸の衿巻に半面をみ、黒キャリコの紋付の羽織の下に紀州ネルの下穿高々と尻褰して、黒足袋に木裏の雪踏
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
木綿袷條柄も分かぬまでに着古したるを後褰にして、継々股引泥塗脚絆煮染めたるばかりの風呂敷包を斜めに背負い、手馴したる白櫧の杖と一蓋菅笠とをの辺りに引寄せつ。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)