“下穿”の読み方と例文
読み方割合
したばき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一人は黒の中折帽の目深引下し、鼠色の毛糸の衿巻に半面をみ、黒キャリコの紋付の羽織の下に紀州ネルの下穿高々と尻褰して、黒足袋に木裏の雪踏
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
しかし厳格な母は女の下穿の類をその物干しに干すことを許さない。裏庭の物置小屋の軒下に、女中達のそれ等のものは干されている。そんな布切さえも、最早、私は何気なく見過すことはできない。
澪標 (新字新仮名) / 外村繁(著)
下穿に包まれてゐる痩せた脚を眺めた。