“しゆんじう”の漢字の書き方と例文
語句割合
春秋100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
氏神祭禮は、四五月頃と、九十月頃と、春秋二度づゝあり、小兒大喜びなり。し。祇園囃子獅子などづるはなり。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
僕は機械的にしやべつてゐるうちにだんだん病的な破壊慾を感じ、堯舜を架空の人物にしたのは勿論、「春秋」の著者もずつと後の漢代の人だつたことを話し出した。
歯車 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)