“しゅくりつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
矗立100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まさにこのときともかたあらわれたる船長せんちょうは、矗立しゅくりつして水先を打瞶うちまもりぬ。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
辰さんが、矗立しゅくりつして、いわの根を踏んで、背のびをした。
半島一奇抄 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)