“しもびと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
下人50.0%
庶民50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
下人れる、華かな詩歌管絃も、彼にとっては何でしたろう? 移ろい栄華の世界が彼にとっては何でしたろう? 花をかざして練り歩く大宮人の中に
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)
大納言様でいらっしゃいましたか?………このような人里離れた下人にしげしげとお通いなさる御方が、よもや大納言様でいらっしゃろうとは、このめ、夢にも考えてはおりませなんだ。
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)
揉烏帽子り、いかにもみすぼらしい下人装束で、立っている。
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)
そうして、いつの日にか二人がまたこの地で相まみえる時があるとすれば、その時こそ、大伴ノ御行は必ずや地下人かさもなければ、それ以下の庶民にまで失墜するであろう。
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)