“しひやこう”の漢字の書き方と例文
語句割合
椎谷侯100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に一の薪となるべきを、幸に者にひて死灰をのがれ、韻客題詠美言をうけたるのみならず、には 椎谷侯じて身を宝庫に安んじ
に一の薪となるべきを、幸に者にひて死灰をのがれ、韻客題詠美言をうけたるのみならず、には 椎谷侯じて身を宝庫に安んじ
百樹曰、了阿上人が和哥の友相場氏は 椎谷侯殿人ときゝて、上人の紹介をもつて相場氏に対面して橋柱の事をねしに、しは、橋柱にはあらず標準なりとて
百樹曰、了阿上人が和哥の友相場氏は 椎谷侯殿人ときゝて、上人の紹介をもつて相場氏に対面して橋柱の事をねしに、しは、橋柱にはあらず標準なりとて