“しきたへ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
敷栲66.7%
敷妙33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
敷栲しきたへの枕の下に太刀はあれどき心なしいもと寝たれば
故郷七十年 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
たのみなき老のあはれを敷栲しきたへの枕ぬらして泣く寝覚かな
礼厳法師歌集 (新字旧仮名) / 与謝野礼厳(著)
敷妙しきたへ袖交そでかへしきみ玉垂たまだれのをちぎぬまたはめやも 〔巻二・一九五〕 柿本人麿
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
旅人の妻、大伴郎女の死した時、旅人は、「うつくしきひときてし敷妙しきたへの吾が手枕たまくらく人あらめや」(巻三・四三八)等三首を作っているが、皆この歌程大観的ではない。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)