“ごたく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ゴタク
語句割合
御託80.0%
御托10.0%
御詫10.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
アルカージナ (カッとして)また例の御託ごたくが始まった! そんならよござんす、わたし今日すぐモスクワへ帰るから。
などと御託ごたくをならべたものの、予は遂に矢つぱり病人に違ひない。これだけ書いてもう額が少し汗ばんで來た。
郁雨に与ふ (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
しゃがれた低声こごえ、ゆうゆうと風呂敷ふろしき包みでもしばりながらの御托ごたくらしい。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
仙「えお侍、訳は知りませんがこれは仲の幇間で、一人は通り掛りの者だ、よええ町人をつらめえて御詫ごたくを云わなくッても宜かろう、エお侍」