“くださるべく”の漢字の書き方と例文
語句割合
可被下100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もし生の言が誤れりとおぼさば、いはゆる歌よみの中よりただの一人にても、俳句を解する人を御指名可被下くださるべく候。
歌よみに与ふる書 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
たまたま親里に帰省するあだ者成べし、浪花を出てより親里までの道行にて引道具の狂言座元夜半亭と御笑ひ可被下くださるべく
俳人蕪村 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)