“くうそう”の漢字の書き方と例文
語句割合
空想100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
でもそれがほんとうのしっぽであったら、きっとおなかか頭をうんとひどくけとばされるだろうと言うと、かれの空想はすこしよろめいた。
アナスチグマツト——さういふ寫眞用語がいかに歴亂として腦裡き、いかに胸躍るやうな空想かせ、いかに儚ない慰樂へたことか?
はあの救助係の大きな石を鉄梃かすあたりから、あとは勝手に私の空想を書いていこうと思っていたのです。
イギリス海岸 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)