“きよくこ”の漢字の書き方と例文
語句割合
極顧100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これより旬日までは、前田加賀守治脩公毎朝すことなく禮拜なしふに、寂寞たるに、金城蒼生りて、彌望極顧活色なく、鍛冶屋にて
鉄槌の音 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)