“いおうざん”の漢字の書き方と例文
語句割合
医王山100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山は医王山いおうざん幽翠ゆうすいを背負って、閑古鳥かんこどりでもきそうにさびていた。
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
背後うしろから呼ぶやさしい声に、医王山いおうざんの半腹、樹木の鬱葱うっそうたる中をでて、ふと夜の明けたように、空み、気きよ
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)