“あまがけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アマガケ
語句割合
天翔81.8%
18.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
魂の壮観!(夢幻的になる)霊はいま高く高く天翔って、人間界の限りを越えようとしている。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
ここに八尋白智鳥になりて、天翔りて、濱に向きて飛びいでます。ここにその后たち御子たち、その小竹苅杙に、足切り破るれども、その痛みをも忘れて、哭きつつ追ひいでましき。
その怨みを報ぜんために雷神となって都の空をり、鳳闕に近づき奉ろうと思っている、此の事は既に梵天、四王、閻魔帝釈、五道冥官、司令、司録等の許しを得ているので
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
が、曲者は空をったか地にもぐり込んだか、今度も見附からずじまいであった。