“羆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひぐま77.8%
11.1%
あかぐま5.6%
しぐま5.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このほど、友人が私のところへやってきて、君は釣り人であるから、魚類はふんだんに食っているであろうが、まだひぐまの肉は食ったことはあるまい。
香熊 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
千場彦七君が真黒まっくろな服を着けて、高い鼻に、度の強いぎらぎらと輝くまなこで、ござんなれ、好下品おさかなひぐまの皮をじろりと視て
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一人は眼の鋭い毛の赤い、ひぐまのような感じのする若い男、一人は東洋人との混血児あいのこらしい、栗色の髪で額を隠し、宝石をうんとちりばめたギラギラする洋服を着た、妖婦型の若い婦人です。
天才兄妹 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
あらず、わしが欲する処はの、ゆうにあらず、にあらず、牛豚ぎゅうとん、軍鶏にあらず、鰻にあらず。」
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
昔仏王舎城おうしゃじょうおわせし時、六群比丘、獅虎豹豺あぶらを脚に塗り象馬牛羊驢の厩に至る。
北海道ほつかいどうくまは、みんなあかぐま種類しゆるい内地ないちんでゐるくまとはちがひます。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
御承知かしらねえが、熊の皮には二十八通りあって、価格ねだんもいろいろあるが、これは北海道のしぐまの皮だ。