“石首魚”の読み方と例文
読み方割合
いしもち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「実は一日前に、大きい黄魚こうぎょ石首魚いしもち)が漁師の網にかかりましたので、それを料理してお客さまに差し上げようと存じましたが……」
鹽「えゝ、これは奥州から来る石首魚いしもちという魚の干物だ、一つお食べな」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)