“白夜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はくや80.0%
びゃくや20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
弾く手にはれ手風琴も鳴るらめど盲目めしひ眼はかず白夜はくや昼ならず
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
酒みづき白髪しらがおうなは前伏しにその戸のきだ白夜はくやこごえぬ
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
哈爾哈ハルハあした越え来てほろびたる蘇蒙の兵に白夜はくやけ長し
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
白夜はくやともほのあかる
新頌 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
白夜はくやともほのあかる
新頌 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
大陸特有な魔の白夜びゃくや
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)