“夏痩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なつやせ50.0%
なつや50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夏痩なつやせを流れたる冠紐かむりひも
五百句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)
夏痩なつやせ』といふ作が既にさうだ。
尾崎紅葉とその作品 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
夏痩なつやせと答へてあとは涙かな 季吟
俳句の初歩 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
一度は自分もそういうことをして来て、年を取った村の女たちが、悦んで傍から世話を焼き、またはこの食物をもらって食べておくと夏痩なつやせせぬまじないなどといっていたのも、すべて皆いつからともない仕来しきたりだからで、たとい小さな女の子のすることでも公務であり、どんなに楽しくてもそれはやはり労働であった。
こども風土記 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
夏痩なつやせの身をつとめけり婦人会
五百句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)
毎年の例として、彼女達は土用になると食慾が減退して「B足らん」になり、夏痩なつやせをするのであるが、分けても平素から痩せている雪子の細り方は著しかった。
細雪:02 中巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
るとしもあらずやなぎなゝめすだれおどろかせば、夏痩なつやせにうつくしきが
月令十二態 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
ことしの夏の暑さは格別で、おせきの夏痩なつやせはいちじるしくに立つた。
それよりもモットおかしいのは病気にならない前には食物の事へ無頓着むとんちゃくでいて、病気になってから急に食物衛生を大騒ぎやったりあるいは医者にかかって高い薬を飲んだりするのです。ことに暑い時分の病気は大概胃腸病に原因しないものはありません。第一番に来るのが夏痩なつやせという一種の営養不足です。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)