“葦簀”の読み方と例文
読み方割合
よしず100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と法師から打背うちそむく、とおもかげのその薄月の、婦人おんなの風情を思遣おもいやればか、葦簀よしずをはずれた日のかげりに、姥のうなじが白かった。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
キャラコさんは、物置小屋に古い葦簀よしずがあったのを思い出し、小屋まで駆け戻ってそれをひと抱えかかえて来た。
キャラコさん:04 女の手 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
社の東側の沼のほとりに出た。葦簀よしずを立てめぐらして、店をしまっている掛茶屋がある。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
駅の前は吹雪ふぶきけの葦簀よしずの垣根が作られている。
春雪の出羽路の三日 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
すると秋の空の変り易く、ドードーッと一じん吹いて来ます風が冷たい風、「夕立や風から先に濡れて来る」と云う雨気あまけで、やがてポツリ/\とやッて来ました、日覆ひよけになった葦簀よしずに雨が当るかと思ううちに、バラ/\と大粒が降って来ました。
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
もうその頃には鬱陶うっとうしい梅雨もようやく明けて、養神亭ようしんてい裏の波打際でも大工の手斧ちょうなの音が入り乱れて小舎に盛んに葦簀よしずが張られている頃であったが、その日もこの前と同じように小半日を過してもう帰りかけようとしていた時であった。
逗子物語 (新字新仮名) / 橘外男(著)
勇美子も夜会結びのびんずらを吹かせ、雨に頬を打たせていとわず、掛茶屋の葦簀よしずから半ば姿をあらわして、
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
雪国の家は普通三方を壁で囲うて、出入口を一方に設け、他は小窓があるくらいに過ぎないから、通例壁に副うて木材を立て、それに葦簀よしずこもの類を縛りつけてそれで取り囲むのであるが、江畑君のお宅のような都会風の座敷廻りなどでは、前もって板で作ったしとみ風のものを設備して、それを外側に立ててあった。
春雪の出羽路の三日 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
ビール聞し召せ枝豆も候だのが、ただ葦簀よしずの屋根と柱のみ、やぶれの見える床の上へ、二ひら三ひら
政談十二社 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
月に浪がかかりますように、さらさらと、風が吹きますと、揺れながらこの葦簀よしずの蔭が、格子じまのように御袖へ映って、雪のはだまで透通って、四辺あたりには影もない。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)