“鶏屋”の読み方と例文
旧字:鷄屋
読み方割合
とりや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
当てどもなしに彷徨いているその姿が見出されたり、どこへも入りそびれて、思いがけない場末に、人気の少い鶏屋などの二階の部屋の薄白い電燈の下で、淋しい晩飯にありついていたりした。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
両角 僕は、鶏屋以外、鶏を飼ふことを禁じる案を提出します。
犬は鎖に繋ぐべからず (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
くと、鶏屋の云ふ。